ASTEC/SURTECHセミナー会場

2019年1月30日(水)

第14回表面技術会議

【主催】ASTEC実行委員会事務局
事前登録 有料

 

日 時:2019年1月30日(水)10:45~13:00
会 場:ASTEC/SURTECHセミナー会場(東4ホール展示会場内)
参加費:3,000円(税込)/テーマ(予稿集代を含む) 当日、会場にて現金でお支払ください。

 

 

 

「ASTEC 表面技術会議」は最先端の表面処理テクノロジーや研究動向をご紹介する毎年好評のカンファレンスです。

今年は2日間にわたって、「次世代自動車技術」「ライフサイエンス・ソフトマテリアル」テーマに開催いたします。

満席が予想されますので、お早目にご登録ください。

 

 

 

このセミナーを聴講する>

 

※1テーマにつき、聴講料3,000円(税込)となります。

 

 

<テーマ2の講演内容を見る>

 

 

 

 

 

 

【テーマ1】次世代自動車技術 ~ナノ計測・EV・全固体電池~

 

【開催時間】10:45-13:00

自動車用動力伝達技術研究組合(TRAMI)活動概要のご紹介
10:45-11:30

白井 智也 / 佐々木 信也

株式会社本田技術研究所/東京理科大学

四輪R&Dセンター 第4技術開発室 第1ブロック/工学部第一部 機械工学科

主任研究員/教授

白井 智也 / 佐々木 信也

【講演者プロフィール】

<白井智也>
平成2年に本田技術研究所へ入社、AT/CVTの油圧制御系設計を担当し、04MオデッセイのATプロジェクトリーダーなどを経て現在に至る。
<佐々木信也>
昭和61年に通産省・工業技術院・機械技術研究所へ入所、平成3年に工学博士を取得し、その後オックスフォード大学客員研究員、産業技術総合研究所・機械システム研究部門・副部門長などを経て、平成19年より東京理科大学教授に就任し現在に至る。

【講演概要】

自動車用動力伝達技術研究組合(TRAMI)は、自動車のCO2排出抑制や価値の多様化に向けて、動力伝達技術の産学連携基礎研究による学のサイエンス進展・産学人材育成を通して、日本の産業力の底上げと持続的な科学技術の発展に貢献することを目的として、国内自動車メーカー9社とトランスミッションメーカー2社、合計11社を組合員として2018年4月に設立しました。
本セッションでは、前半でTRAMIの設立趣旨と具体的な活動内容を説明し、後半で研究内容の一例として金属表面テクスチャーと摩擦係数の関係についてご紹介します。

オペランド表界面ナノ計測技術の開発とエネルギーデバイスへの応用
11:30-12:15

藤田 大介

国立研究開発法人物質・材料機構(NIMS)

先端材料解析研究拠点

拠点長

藤田 大介

グラフェンスーパーキャパシター
12:15-13:00

唐 捷

物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点(NIMS)

先進低次元ナノ材料グループ

グループリーダー

唐 捷